授乳後のバストアップに豊胸が効果的

授乳後の豊胸シリコンに抵抗のある方は…

女性の場合には、妊娠をすることによってバストにハリが出て、これまで小さなバストに悩んでいたという女性であってもバストアップができたかのように嬉しく感じてしまうものです。
しかし、出産をして授乳をするようになり、子供も大きくなって母乳から食事に切り替わったころには、自分のバストがしぼんで見えて悲しくなってしまう女性も多いものです。
授乳後のバストを以前のようなハリのあるバストに戻したいと希望しているのなら、豊胸施術に挑戦してみるといいでしょう。
美容クリニックで行われている豊胸施術にはたくさんの方法があるので、自分の希望のバストの大きさや形、持続性やダウンタイムなどを考慮しながら選んでみるといいでしょう。
一気に大きなバストを手に入れたいという場合には、シリコンバッグの挿入が向いています。
シリコンバッグにもたくさんの種類があり、大きさだけでなく形ややわらかさも好みに合わせて選ぶことができます。
左右の脇の下を切開してシリコンバッグを入れた後に縫合されますが、目立たない脇の下を少し切る程度なのでそれほど傷口が目立つということもありません。
体にメスを入れることになるのでそれなりのダウンタイムはありますが、一回の手術で一気にバストに対する悩みを解決することができ、半永久的な効果があるのもメリットです。
外科手術をしてまでバストアップをすることに抵抗があるという人であれば、もう少し手軽な方法として血液から採取した成分を注射でバストに入れるという方法もあります。
まず始めに自分の血を採血し、遠心分離器にかけて必要な成分を抽出し、それをバストに入れるだけです。
もともと自分の血液なので、アレルギー反応の心配もありません。
施術可能かどうかの貧血検査を行った後に医師による判断で治療が進められますが、体の安全性が確保された量の採血なので必ずしも希望のバストの大きさにはならないこともあります。

授乳後のバストケアに行き詰まり豊胸の施術を受けました

私は妊娠前はAカップにも満たないほどのバストで、大きなコンプレックスを持っていました。
なるべく胸の大きさが目立たないような洋服を選び、毎日数枚のパットを下着の中に入れて生活していました。

そんな私も結婚して子供を授かることができました。
妊娠して6ヶ月ごろから急に胸が大きくなり始めました。
妊娠前は生理前にやや大きくなることはありましたが、
それほど大きく変化することはありませんでした。
しかし今回は生理前の大きさとは大きく異なり、
出産間近にはCカップに近いほどのバストサイズになっていました。
初めて大きなバストを手に入れて、この時は本当にうれしかったです。

そして無事に娘を出産してからも、バストの大きさは大きなまま保ち続けることができました。
ありがたいことに母乳もしっかり出て、娘もよく飲んだため、バストも張りのある立派なバストでした。
大きなバストがうれしくて、バストが目立つような洋服を好んで着たりすることもありました。

娘が7ヶ月になったころに、地域の支援センターに、娘を遊ばせに行くようになりました。
そこでいろいろなお母さんたちと友達になることができました。
一緒にランチに行ったり、お互いの家を行き来するような仲になり、
本当に楽しく過ごせるようになりました。
みんなでおしゃべりを楽しんでいる時に、急にバストの話になりました。
友達の中の一人に、生後3ヶ月までは母乳で育て、その後粉ミルクに切り替えたお母さんがいました。
そのお母さんの話によると、母乳を与えるのをやめた途端、バストがしぼんでしまったということでした。
そこで私はふと我にかえりました。
今は母乳を与えているおかげで、このような大きなバストになっていますが、
母乳を与えるのをやめたら、また元の状態に戻ってしまうのかととても悲しくなりました。

そこで母乳を与えているこの時期から、様々なバストケアを行い、
なるべく授乳をやめた後もバストのサイズを維持できるようにしようと考えたのです。
クリームを使ってマッサージを行ったり、胸の筋肉を鍛える体操をしたり、毎日頑張っていました。
そしてついに娘が1歳半で母乳を飲まなくなりました。
母乳を与えなくなって3ヶ月もしないうちに、バストがしぼみ始めました。
あんなにもバストケアをしていたのにもかかわらず、やはり小さくしぼんでしまったのです。
私は毎日鏡でみるたびに悲しくなり、自分にまったく自信が持てなくなってしまったのです。
そして支援センターに足を運ぶことも、あまりできなくなってしまいました。

私があまり支援センターに顔を出さなくなったことを心配して、
友人の一人が心配して自宅を訪ねてくれました。
そして私は授乳後のバストの悩みのことを友人に話したのです。
友人に話したことで、やや気持ちはすっきりしましたが、悲しみは変わりません。
すると友達に豊胸の施術を受けてみてはどうかと提案されたのです。

私は豊胸の施術に対して、シリコンパックを入れるイメージがあり、人工物を入れるのにやや抵抗を感じていました。
しかし調べてみると、100パーセント自分の組織で補う豊胸方法があることを知りました。
そして調べていく中で、この自分の組織を注入する豊胸方法は、皮膚に余裕があるほど定着しやすいということで、
授乳後に効果がより発揮できる方法であることを知りました。
私はこの時期を逃してしまったら後悔すると思い、豊胸の施術を受けることを決めました。

当日は娘を主人に預け、施術に向かいました。
施術が終了し、胸を見ると、授乳中の張りのあるバストが蘇っていました。
とてもうれしく、再びいろいろな場所に出掛けたりと、自信を取り戻すことができました。
あのときに豊胸を教えてくれた友人にはとても感謝しています。

授乳後の豊胸シリコンに抵抗のある方は… | 手軽にできる授乳後の豊胸も

授乳後 豊胸 バストアップ | 即バストアップできる